ドライブ情報サイト
ドライブに便利な全国のレジャー・宿泊・食べ物情報サイト
お問合せ
サイトマップ
ドライブに便利な全国のレジャー・宿泊・食べ物情報サイト 高速道路路線検索 道の駅 会員ページ
www.conomity.jp

Conomity(コノミティ)最新号

コノミティ最新号
特集
芸能人インタビュー
ドライブナビ
クチコミ情報


 会員になると特典あり!
 詳しくは会員特典でご紹介。

 ⇒会員登録する
会員登録(会員になられていない方はこちら)
ログイン(会員の方はこちら)
ヘルプ(利用方法についてのご説明)

『ダンサーとしてのクリエイションは全て車の中で生まれるんです』

DrivePeople
special interview
SAM(TRF)
16歳で単身NYへダンス留学し、バレエ、ジャズ、ストリート、ハウスなどあらゆるジャンルをマスターする。
その後TRFのメンバーとして活躍する傍ら、数々のアーティストの振り付けやコンサートプロデュースを手掛ける。
今年TRFとして7年振りのニューアルバムをもとに単独ツアーを行い、大盛況の中幕を閉じる。

【最新アーティスト情報】
実に7年振りとなる単独ツアー「TRF Lif-e-Motions TOUR 2006」の映像を収めたDVDが8/23に発売予定!また同日にブラックジャックのエンディングテーマ、「Silence whispers」を含めたニューシングルもリリース予定!!


今年2006年、実に7年振りとなる単独ツアーを行ったTRF。そのTRFの中でも現在トップダンサーとして様々なソロ活動も積極的に行うSAMさんにとって車とはどんな存在だろうか?
「小さな頃からずっとジャガーに憧れいたので初めて購入した車ももちろんジャガーでした。その時は嬉しくて用もないのにしょっちゅう乗り回してましたね。ダンサーって基本的にお金がないので車を持つことなんて夢のまた夢なんです。僕も30歳くらいでやっと買えましたからね。その時がちょうどTRFがデビューした位の頃ですね」
現在その車は残念ながら廃車となってしまったそうだが、スーパーカー世代のSAMさんにとって憧れの車を手にした時の特別な思いは今も忘れることができないらしい。また、普段から自分で運転することが多いというSAMさんにとって車の中で過ごす時間は重要な意味を持つという。
「実は家ではほとんど音楽を聴かないんです。新曲の振り付けを考える時もほとんど車の中で聞きながらイメージを膨らましていくんです。だから今までのTRFの曲の振り付けもほとんどが車の中で考えたものなんです。プロのダンサーとして生きていくためには、みんなで楽しく も大切ですが、何より大切なのは「どこまで孤独になることができるか」だと思ってます。今一線で活躍している人達も孤独の中で自分との戦いを当たり前と思っている人達ばかりです。そういう意味でも僕が車の中で過ごす時間はとても重要ですね」
独りになってじっくりと考えることのできる車の中は、SAMさんのダンサーとしてのクリエイションの誕生の場となっているようだ。  


★★ SAMさんが乗ってみたい車はコレ!!
ニコラス・ケイジ出演の映画「60セカンズ」の劇中に出てくるシェルビー500GTマスタングエレノア。「映画の様な走り方はできないけど一度は乗ってみたい」との事でした。

「60セカンズ」DVD 価格:\1,500
発売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテインメント


過去のスペシャルインタビュー

[DrivePeople] RIP SLYME さん
[DrivePeople] motsu さん
[DrivePeople] 甲斐名都 さん
[DrivePeople] SEAMO さん
[DrivePeople] ほしのあき さん
[DrivePeople] hiro(ヒロ)さん
[DrivePeople] SAM(TRF)さん
[DrivePeople] 沢村一樹さん
[DrivePeople] 嶋大輔さん
[DrivePeople] パパイヤ鈴木さん



広告掲載 | 運営会社 | お問合せ | サイトマップ
Copyright (C) JAPAN ROAD PRESS Corporation. All Rights Reserved.